お金を貸金業者から借りて、5年以上返済している人で「過払いかも?」と思った瞬間はないでしょうか?<br />一般的に5年以上返済をしている人には、過払い金が発生している可能性が

正義のために戦う弁護士の実態

5年以上返済している借金

お金を貸金業者から借りて、5年以上返済している人で「過払いかも?」と思った瞬間はないでしょうか?
一般的に5年以上返済をしている人には、過払い金が発生している可能性が高いと言われています。
過払い金とは、グレーゾーン金利と言われる利息制限法の上限を超えた出資法の上限までの払う必要のない利息の事を言います。
貸金業者の一部では、法的な制裁のない利息制限法の上限金利を越えた利率でお金をかしているというケースがあるようで、長く支払ってもなかなか借金が無くならないという人は、過払い金かも?と思った瞬間があるならば、今借りている借金の利率をもう一度確認する必要があるようです。
利息制限法の上限金利については、借りているお金によって変わって来ますので、インターネットで検索をして、自分の借りているお金に掛かっている利息を比較して見る事は大切な事だと思います。
もし検索してわかった利率よりも高い利率で利息を支払っている事が判ったら、「過払い請求」をする事ができるようです。


Copyright(c) 2017 正義のために戦う弁護士の実態 All Rights Reserved.